unionpay

UnionPay cards can be smoothly used at 177 countries and regions worldwide.

Safe Convenient Preferential

America Europe Asia Africa Oceania
  • 中国銀聯
  • グローバルショッピング
  • 為替レート検索
  • ATM検索
三井住友カード、『銀聯QRコード決済』を国際決済ブランドとして日本初導入!
2018-06-22


銀聯国際有限公司(本社:中国上海、CEO:蔡 剣波、以下:銀聯)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、国際決済ブランドによるQRコード決済である『銀聯QRコード決済』の取り扱いを、20187月上旬を目途に日本で初めて開始いたします。

 

近年、中国ではモバイル決済が急速に普及しています。ユーザーのモバイル決済ニーズを満たすために2017年5月、銀聯は中国40行以上の商業銀行と連携し、中国国内で『銀聯QRコード決済』の取り扱いを開始いたしました。同年6月には香港とシンガポールでの取り扱いを開始し、現在はアジア太平洋、中央アジア、中東、アフリカの19の国と地域において、小売業・レストラン・観光地・娯楽・宿泊施設・交通機関等さまざまなシーンで『銀聯QRコード決済』による支払いが可能となり、より多くの中国人観光客に喜ばれています。

 

今回、日本で導入するスキームは、加盟店がタブレット端末等でQRコードを表示して会員が読み取る方式で、加盟店が銀聯の「QRコード加盟店サービスプラットフォーム」をダウンロードし、登録を行うことで取り扱いいただけるようになります。

また、『銀聯QRコード決済』はEMV®規格に準拠し、トークン決済を採用しています。情報取り扱いや決済リスクへの対応も備えており、安全にご利用いただけます。

システム上の改造は一切不要で、現在、羽田空港(日本空港ビルデング株式会社)、松屋銀座、ラオックス、JTC4社が導入を予定しております。

 

※『銀聯QRコード決済』には以下の二つの方法があります。

 今回、日本では②を導入いたします。

 ①自身のスマートフォン等でQRコードを表示して加盟店が読み取る「会員表示型」

 ②加盟店がタブレット端末等でQRコードを表示して会員が読み取る「加盟店表示型」

 

【導入予定施設】

導入施設名

業種

導入店舗について

1

羽田空港

(日本空港ビルデング株式会社)

空港

国際線旅客ターミナル内免税店より順次導入予定

松屋銀座

百貨店

8Fレストランシティの全店舗(9店舗)

ラオックス

免税店

秋葉原本店、銀座本店、新宿本店等の全国26店舗

JTC

新宿、大阪の基幹店3店舗にてスタート

    取り扱い開始時期につきましては、店舗により異なります。(7月上旬より順次導入予定)


 

 

また、今回の『銀聯QRコード決済』導入に伴い、導入施設におきましてキャンペーンを実施する予定です。キャンペーンは、『銀聯QRコード決済』をご利用のお客さまにキャッシュバックを行うものです。従来のUnionPay(銀聯)カードのキャンペーンと異なり、今回は決済処理時に自動的に割引対応を行う為、店頭での割引オペレーションが一切不要となっております。銀聯は同キャンペーンにより、さらなる『銀聯QRコード決済』利用ユーザーの拡大と、日本での同決済の利用促進を図ってまいります。

 

今後、銀聯と三井住友カードはさらに協力関係を深めていくとともに、既存のPOS端末やカード端末でも『銀聯QRコード決済』が取り扱えるよう対応してまいります。引き続き、両社は協力して、訪日外国人観光客の利便性と、日本におけるインバウンド消費拡大に努めてまいります。

 

※商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。





Note:EMV® is a registered trademark in the U.S. and other countries and an unregistered trademark elsewhere. The EMV Trademark is owned by EMVCo, LLC.

 

prev:海外旅行に関する調査結果

next:Ctripと三井住友カードが提携し、「Trip.comグローバルカード」を日本にて発行-